植田真梨恵

植田真梨恵が自身の音楽と、歌を歌っていく意味と徹底的に向き合うことで生まれたアルバム『ハートブレイカー』で彼女が掲げたテーマは「愛と血」。昨年メジャーデビュー5周年を迎え、彼女自身が植田真梨恵にしかできない音楽を追求する中で、植田は他人の目を通して構築することで新たな植田真梨恵像を発見すべく、今作では初めて他作家による提供曲も歌っている。その全てのジャッジはわくわくすること。心が動くこと。そこにジャンルも壁もなく、結果、新しい植田真梨恵を提示する作品を完成させた。愛とは、血とは。その壮大でありながら生きる上で最も身近であるテーマを自らを再構築しながら表現する植田真梨恵に話を訊く。

 

2YOU:今回のアルバム、物凄くフルボリュームだなと。

植田:本当に(笑)。17曲、どれも違って、かなり濃いアルバムになったと思います。

 

2YOU:アルバムのテーマとして「愛と血」を掲げていますが、2017年にリリースされたシングル「REVOLVER」で「愛してるの意味とはなんだい」と問いかけていたものが今作に繋がっていってるのかなと。

植田:確かに「REVOLVER」で問いかけたままになっていた愛の意味はアルバムでも考えていますね。「REVOLVER」リリース以降、新しい曲を作っていく中で「Stranger」や「WHAT’s」が出来ていったんですけど、そうやって曲が出来ていく中で濃い色彩のアルバムにはなるだろうなって。曲単位では点なんですけど、それがアルバムになったときにどうなるか、凄くワクワクしながら作りました。

2YOU:アルバムを通して聴くと、その点が線になって円になっていくのがよく分かります。そして最後に「ERROR」でエンドロールが流れてくるみたいな。そのエンドロールが流れるまでハイライトの連続の長い映画を観ているような展開が続くアルバムだと思いました。

植田:アルバム全体の流れを考える中で、今回はなるべくバラードをそぎ落としたんですよ。それこそバラードは「ERROR」だけなんです。曲順もかなり意識していて、曲と曲が隣合わせになったときにどう聴こえるかはディスクジョッキーになったつもりで決めていきました。

 

2YOU:「まぜるなきけん」なんて凄く映画音楽っぽいですよね。サウンドトラック感というか。今作はそういうふり幅も面白いなと。

植田:昨年リリースしたミニアルバム『F.A.R.』や『W.A.H.』が少し落ち着いたテンションで作ったアルバムだったし、傾向として楽曲的にも気持ち的にも大人しくなっていってたんですけど、それにもちょっと飽きちゃって(笑)。だから歌っていても聴いていても心が楽しくなっちゃうようなものを作りたくて、そのための挑戦をアルバムでは色々しました。

 

2YOU:確かに色んなアレンジに挑戦したアルバムですよね。特にアコギの使い方が印象的でした。「Stranger」とか「IN TO」とか。「IN TO」のオルガンとのバランスが凄く気持ち良くて。

植田:私も気に入ってます。勢いのある曲ってエレキでガーンといきがちですけど敢えてアコギでやってみたんです。速いカーディガンズみたいなイメージで。

 

2YOU:そういう部分に音楽愛というか、遊び心を感じるんですよ。「てとてとめとめ」の手遊び歌感とか。アルバムにおける「てとてとめとめ」の立ち位置も面白いですよね。一気に子供に戻るというか。

植田:「てとてとめとめ」は、私の実の妹の子供に向けて書いた曲なんですよ。

 

2YOU:アコースティックギターで参加されてる植田真衣さんは妹さんなんですね。

植田:そうなんです。妹が子供を産んだので、甥っ子が聴いて喜んでくれる曲が作りたくて。私の曲で踊ってくれたら最高だなと。

2YOU:「てとてとめとめ」のイノセント感とは真逆の「バニラフェイク」のようなラウドな打ち出し方も新しいなと。

植田:この曲はアルバムの中で唯一私が作詞してないんですけど、「Black Cherry In The Dirty Forest」や「Stranger」のアレンジをしてくれているsoshiranuさんが書いてくれて。私がこういう曲調を歌うのは珍しいと思うんですけどやってみたらライブが本当に楽しみな曲になりました。

 

2YOU:ライブ感で言えば「I JUST WANNA BE A STAR」も盛り上がりそうですよね。

植田:「I JUST WANNA BE A STAR」は25時間配信企画で作詞作曲から始めて見てくれている人に見守られながら作った曲なんですよ。この曲があったから今回のアルバムの方向性が定まっていったので、新たな試みとしては凄く意味があったなと。カメラが回ってる中で曲が作れるか不安もあったんですけど、見てくれているみんなと一緒にミッションをクリアしていくような感じもあって楽しかったです。この曲を去年Zeppで歌ったときはこれまで感じたことのない感情になりましたね。思うようにライブが出来ない今は余計にそう感じますね。

 

2YOU:そして「鍵穴」ですよ。この曲、本当に凄い。

植田:凄い曲ですよね(笑)。

 

2YOU:曲の中に色んなトピックがあって、転調しまくる曲の中で飛び込んでくる音の個性が強いんですよね。

植田:これ、歌うの滅茶苦茶難しいんですよ。私も血管切れそうになりながら歌っているので(笑)。最初のファンタジックな感じやケルティーなイメージから、段々エモーショナルに向かっていく展開の中で取り残されていく自分をイメージして書きました。色んなことが変わっていく状況を描けたらなと。

 

2YOU:「1234567」のくだりは、ザ・ビートルズの「You Never Give Me Your Money」のオマージュですか?

植田:え?意識してなかったです。

 

2YOU:あ、これはアレンジャーのjoe daisqueさんのアイデアなんですね。

植田:でもその「1234567」という歌詞を書いたのは私なんですよ。面白いですね。ちょっと改めて聴いてみます(笑)。

 

2YOU:奇跡的な化学反応が生まれているのかもしれないですね(笑)。ケミストリー具合でいえば雲丹亀卓人さんが作曲した「憂うべき」も斬新でした。雲丹亀卓人さん特有のループミュージックの中でどう展開していくかがとても聴き応えありました。

植田:淡々とループするメロディとピアノのコード感が凄く綺麗で、そこを大事にしたかったからアレンジはシンプルにしてもらいました。

2YOU:今作は色んな方からの提供曲を歌うことで様々な角度から植田真梨恵像を感じられるなと。

植田:植田真梨恵らしさって何だろうってことをずっと考えていて。これからも歌っていくことを考えたときに、植田真梨恵として唯一無二の存在にならなければいけないと思っていて。それで今回、自分らしさというものを誰かの目を通して構築してみることにしたんです。

 

2YOU:このアルバムを聴いて、また新しい植田真梨恵像を知ることが出来て、とにかくライブが観たくなりました。

植田:ライブ、やりたいです。2月にホールでのライブをやって以来しばらく出来ていないので(取材当時)そろそろやりたいです。ライブが出来るようになるまでアルバムを聴き込んで待っていて欲しいですね。とにかく情報量の多いアルバムなので、隅から隅まで楽しんで欲しいです。遊園地みたいなアルバムなので。

 

2YOU:アルバムとしてもですけど、「眠れぬ夜に」も遊園地っぽいですよね。サビで視界が広がる感じとかシンデレラ城に灯りが点くようなイメージもあります。

植田:ああ、凄くわかります。この曲は元気が出るような曲が歌いたくて書きました。

 

2YOU:「スルー」ですが、歌詞自体はコロナ以降に書かれたのですか?

植田:この曲、実は10年前くらいに書いた曲なんですよ。

 

2YOU:そうなんですね。コロナ渦で色んな価値観が変わって、生活にも変化があって、何も出来ないまま1日が終わる日もあったりして。そんな日は自分を責めてしまうんですけど、そんな自分を肯定してくれる曲だと思ったので、この時期に聴けて良かったです。

植田:リリースのタイミングとしてはもちろん今のこういう状況は切り離せないんですけど、考えすぎずにというか、そこまで関係なく、なるべく日常の私がどんな風に生きているのかが伝わったらいいなと思って今回のアルバムに収録しました。

 

2YOU:そういった植田さんの素顔というか、日常の部分と、新しい側面が共存するアルバムだと思うのですが、改めてどんな作品になりましたか?

植田:私自身が植田真梨恵として踏み込んでいなかった部分に踏み込めたアルバムになったと思います。他の方が作った曲に歌詞をつけることで新しい自分も発見出来たし、歌っていてる私も、聴いてくれる皆さんもわくわくしてもらえる作品になったと思います。このアルバムが完成して、今はライブで皆さんにライブで会えるのが楽しみです。アルバムを聴いてわくわくしてもらえたら嬉しいです。

interview by 柴山順次

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハートブレイカー
2020年8月26日発売

■コレクション盤【CD+DVD+PHOTOBOOK】
4500円(+税) GZCA-5297

■通常盤【CD ONLY】
3000円(+税) GZCA-5298


PALPABLE! MARBLE! LIVE! -ANNIVERSARY 2019-
【Blu-ray】
2020年8月26日発売
6500円(+税) GZXA-8036

http://uedamarie.com/