ポイズンラット

名古屋猛毒中毒アイドル、ポイズンラットが1stフルアルバム『「 Jack in the BOX 」』を完成させた。結成以来、数々の試練を乗り越えながら常に進化を重ねてきた彼女達が初のフルアルバムで見せたのは天井知らずのポテンシャルだった。これまでも様々な顔を楽曲に落とし込んできたポイズンラットだが、今作でも新たな表情を見ることが出来る。タイトル通り、びっくり箱を開けたような驚きを詰め込んだアルバムを作り上げたポイズンラットに話を訊く。クラウドファンディングも成功し、最高傑作であるフルアルバムを完成させた今、コロナに代わりパンデミックを起こすのはポイズンラットだ。
interview by 柴山順次

 

2YOU:しかしとんでもないアルバムを作りましたね。

楪菻李:ありがとうございます!自信作です!

 

2YOU:ポイズンラットは作品やライブを重ねるごとに常に新しいことを取り入れたり、進化を遂げてきたと思うんですけど、その幅を更に広げてきたなと。見たことのないポイズンラットの顔があったり。

楪菻李:自分達でも新しいことに色々チャレンジしたアルバムが出来たと思っています。今までやったことない曲調の曲もあるし、レコーディングの仕方もこれまでとは違ったりして、すごく楽しく制作出来ました。

 

2YOU:ポイズンラットがここに辿り着くまで、本当に色んなことがあったじゃないですか。

楪菻李:そうですね。

 

2YOU:それもあって、今までは何かと戦っている曲が多かった印象があったんですよ。それが少し抜けたのかなと。もちろん今も戦っているけれど、「とらぶるるー」のような可愛い楽曲だったり、アイドルとしてのファニーな部分を楽曲で表現出来るようになったり、こういう知らない顔がどんどん出てくるアルバムだなって。

猫屋敷七十七:今回のフルアルバムのタイトル『「 Jack in the BOX 」』はびっくり箱という意味があるんですよ。だから聴いてくれる人がそうやって驚いてくれたり楽しんでくれたら嬉しいですね。かなりタイトルに忠実な内容になったと思っています。

 

2YOU:七十七さんの歌もかなりのびっくりポイントでしたよ(笑)。

猫屋敷七十七:あははは。ありがとうございます。

 

2YOU:いや、今作で確実に個性が確立しましたよね。

楪菻李:七十七は七変化しすぎ(笑)。

 

2YOU:そうなんですよ。七十七さんが10人くらいいると思いました。「首に希望巻きつけて」の七十七さんの声とか「うわ!」って声が出ちゃいました。

猫屋敷七十七:とても嬉しいです。耳が爆発しちゃうかも。

 

2YOU:それぞれ拘ったポイントとかはありますか?

愛音ゆら:今作は曲によって一曲一曲ジャンルが違うし個性のある曲ばっかりなので、前までは上手く歌おう、上手く歌おうとしていたんですけど、その曲にあった歌い方だったり、感情を込めて歌うところを意識しました。

 

 

2YOU:「もぬけのから」のような展開がどんどん変わる曲も面白いですよね。あの曲は今回のアルバムを象徴しているなと。ピコピコで始まったと思ったらツービートになったり、そう思ったらまた違う展開になって、アルバムの中でも一番びっくり箱感があるのかなって。

猫屋敷七十七:わかります。

 

2YOU:でもそこを完璧に乗りこなしているというか。表現の仕方が全員豊になった気がするんです。「パンデミック」や「毒69」のような既存曲を聴き比べるとそれが顕著に出るなと。

楪菻李:嬉しいです。あれはかなり苦戦したなあ。

2YOU:フルボリュームのアルバムですが、いつ頃から制作していたのですか?

てるな:作り始めたのはかなり前ですが、上がってきたのは結構レコーディング前ギリギリで、ライブではまだやってない楽曲が多いです。2月の終わりからレコーディングしてました。

楪菻李:めちゃくちゃ新曲が詰め込まれています。一日中籠っていた日も多くて、今までよりもハードなレコーディングでしたね。

 

2YOU:今のポイズンラットのなんでもあり感が爆発しているので、これをライブでどう表現するのか想像するだけでワクワクします。

楪菻李:早くライブで演りたいのに。今、こんな状況で中々出来ないんですよ。ポイズンラットを結成してから、こんなにライブをやらなかった事はないです。

猫屋敷七十七:死にそう

亞呪。:こんなにライブがないのは初めてです。

愛音ゆら:毎日死にそう。

 

2YOU:どの曲もライブでかなり映えそうですよね。

亞呪。:「Salam」がすごく気に入っていて、アルバムの中でも一番ライブモードな曲だし、楽しくやれるんじゃないかなと思ってます。イントロの極悪感とかもあって、ファンがどう盛り上がってくれるかなっていう楽しみもあります。七十七の表現もかなりすごいです(笑)。

猫屋敷七十七:私はオク下(オクターブ下)が好きだから、高い人と低い人とって別れて歌うことに大満足しています。

愛音ゆら:私はアルバムの中では特に「もぬけのから」が楽しくて、ひとつの曲の中に色んな展開が盛り沢山に詰まっていて、曲調も変わったりするから、お客さんも聴いていて楽しいと思うし、振りもめちゃくちゃ楽しいので是非フリコピして欲しいですね。

楪菻李:あのフリはいつもお世話になってるGRATIA-ALAのリナちゃんにつけてもらったので、そこもぜひ注目して欲しいです。ポイズンラットのお客さんもみんな大好きだと思う。

 

2YOU:これまで重い曲はありましたけど今作ではスピード感のある楽曲も増えましたよね。

楪菻李:そうなんですよ。今までありそうでなかった感じの楽曲が増えました。

猫屋敷七十七:ありそうでなかったといえば「ネクロマ」かな。

亞呪。:あれはスルメだね。「これやるの!?」って最初は思ってたけど、歌ってたらすごく気に入ってきて。

楪菻李:あの曲は「天才だな」ってなりました。

 

2YOU:表現力がないと歌いこなすのは難しい曲ですよね。しかもアイドルとしてあの感じを打ち出すことは新しいし面白いなと思いました。

愛音ゆら:こういうのをやってる人達っていないよね。

楪菻李:ずっとやってみたかったんです。

 

2YOU:新しいポイズンラットの色を打ち出しながらも従来のポイズンラットらしさもちゃんとある。これまで大事にしてきた楽曲や、皆さんが過ごしてきた時間、悔しかったことや乗り越えたこと、そうやって経てきたことが伝わるアルバムだと思いました。

楪菻李:嬉しいです。ありがとうございます。一番お気に入りの曲とかありますか?

 

2YOU:うーん。悩みますけど「転生輪廻」は面白かったですね。イントロがなった瞬間のワクワク感がすごくて「びっくり箱の蓋が開いた!」って感じました。しばらくライブハウスにも行けていないのでウズウズしちゃう感じもあって。

楪菻李:わかるなあ。早くライブしたいですね、本当に。

 

2YOU:今、ライブが出来ない期間が続いていますけど、改めてファンの皆さんやライブの大切さを感じているのではないですか?

楪菻李:そうですね。やっぱりライブが一番のコミュニケーションだと思うし、アイドルはチェキの時間とかがあって、直接顔を見て話すことも出来るけど、それは仲良くなる口実だったり活動を存続させていくための収入にもなっていたり。本当にありがたいことなんですけど。でもやっぱりライブが一番だから、今は現状物販しか出来ていないことが本当に悔しいです。ライブが一番大事なコミュニケーションなので。だから今はすれ違っているような感覚ですね。難しいなあ。

 

2YOU:でもこの状況を乗り越えた先で観るポイズンラットのライブはやばそうですね。このアルバムの曲をライブでやるのは面白そう。

楪菻李:「ネクロマ」みたいなノリ難い曲をやって「ライブでその曲やるの!?」って驚くみんなの顔が見たいですね。「せやろ~!まあやるけどね~!」って(笑)。想像するだけでニヤニヤしちゃう。

 

2YOU:早くライブが観たいですね。テレビで「パンデミック」って言葉を聞く度にポイズンラットを思い出すんですよ。

楪菻李:あははは。ちょっとありがたいくらいよく聞きますよね。パンデミックでポイズンラットを思い出すようなことになっていたら、ちょっと不謹慎だけど嬉しいですね。

猫屋敷七十七:パンデミックといえば、クラウドファンディングを達成したのですが、アドトラックを渋谷で走らせられることになったので、コロナが終わったらポイズンラットのパンデミックを起こして、みんなを感染させたいなと思ってます(笑)。

 

2YOU:クラウドファンディングを始めた頃は世間がここまで深刻な状況ではなかったから、まさかこんなことになるとは…。そもそもどういう経緯で挑戦することになったのですか?

てるな:ありがたいことにお客さんがポイズンラットをクラウドファンディングの会社に推薦してくださって、その会社からのアプローチを頂いたんです。打ち合わせを進行している中で、新しいアルバムのリリースに合わせて新しい打ち出し方に悩んでいると相談させて頂きました。ポイズンラットも3年目に突入して、今までとは違うちょっと大きなことをやりたいなと思ってはいたんです。だけどやっぱり今の現状では自分達の力だけでは出来ないことが多くて。そんなときにクラウドファンディングのご提案を頂いて。

 

2YOU:それでアドトラックを走らせることに挑戦したと。

てるな:アドトラックを走らせることは今までやれてなかったし、パンチもあって良いなと。それでお願いすることにしました。お客さんに頼る形にはなるけど、今までポイズンラットって何か結果を残すことが全く出来なかったんです。だから、お客さん達との絆を深めつつ、今度こそ一緒に何かを達成して勢いをつけたいなと思って。

 

2YOU:確かにこれまで悔しい思いを沢山してきて、だけど今回、それを経てクラウドファンディングが成功して。コロナが落ち着いたらポイズンラットの大逆襲が始まりそうですね。

楪菻李:はい!

亞呪。:もちろんです!

 

2YOU:では最後に今の気持ちを聞かせて下さい。

楪菻李:今回のアルバムでも沢山作詞をしたので、歌詞に込めた想いを実現していけたらいいなと思っています。一番分かり易く気持ちを込めた曲は「3061」という曲で、日食について書いている部分があるんですけど、月ってめちゃくちゃ小さいのにある条件が重なると太陽をまるっと食べちゃうんですよ。あの瞬間だけ太陽の光が月の光になっていることにロマンを感じていて。次に日食があるのが30年の6月1日なんですけど、ポイズンラットはずっと月みたいな思いをしてきたので、「いつか太陽を食べてやる!」っていう想いを込めて書きました。かっこ悪くても、綺麗事のまま続けて、いつか太陽を食えたらなって思っています。

愛音ゆら:今回のアルバムで私が「転生輪廻」と「Magic Party tonight」のフリを付けたんですけど、丸っと一曲作ったのは今回が初めてで、音ハメがすごく好きなので、そこを意識して作りました。みんなで踊れるようなフリを意識して作ったので是非そこにも注目して欲しいです。はやくみんなの前で披露出来るといいなって思っています。

亞呪。:今配信とかではお客さんと喋れるような機会があるんですけど、対面では話せないからストレスが溜まっていて…。みんなに見せたいものもいっぱいあるし、この自粛期間で、目標をみんなで決めて、妹グループと競いあったりだとか、そういうこともありつつ、準備も色々しているんですよ。だからライブが始まったら大爆発したいと思っています。

猫屋敷七十七:私はとにかく面白いことがしたいです。今年、本当はちょっと個人的な企画としてもっとお客さんと交流出来るようなことも考えていたんですけど、それも実現させたいですね。あとはやっぱり可愛いアイドルもやってみたかったから「とらぶるるー」のような可愛い曲のフリ付けにもチャレンジ出来ました。今後、コロナが落ち着いたら、私達もみんなも楽しめるようなことをもっとしていきたいなって思ってます。

 

 

2YOU:コロナを上回るポイズンラットのパンデミックを起こして下さいね。

楪菻李:今回CDのジャケットを開くとしっかりびっくり箱になっているので、ぜひアートワークにも注目してみて欲しいです。驚かせる仕掛けがいっぱいあるので楽しんでもらえたら嬉しいです!


ポイズンラット
タイトル:「 Jack in the BOX 」
RCDR-1007
1st Full Album ¥3,000(+tax)
NOW ON SALE

http://poisonrat.com/