Goodbye Mozart

interview by 柴山順次
2015年、Goodbye Mozartにとって初の全国リリースとなった『IMPULSE』のツアー真っ最中に起きたボーカルの突然の脱退劇。ツアー中のメンバーの脱退はバンドに大きな衝撃を与えた。その後、彼らは新ボーカルにSHYを迎え活動を止めることなく突き進もうとした矢先、今度はベースが脱退することになり一時バンドは休止状態となる。バンドのピンチを乗り越えた彼らはベーシストにAGULを迎え、2017年9月より現在のラインナップで本格的に活動再開。「フェス系ロックバンド」を掲げるGoodbye Mozartがマネージメント契約を結んだのは名古屋にて「ウルーズ」「クオーレ」などの美容室を手掛けるCuore Management Production。バンドと美容室の異例ともいえる強力タッグにより名古屋よりグバモ旋風を巻き起こすGoodbye MozartのSHY、タカヒロック、Junに話を訊く。

 

Q.どうしても避けては通れない話だと思うのですが、メンバー脱退当時の話から訊いてもいいですか。

タカヒロック:まず前のボーカルが抜けたのが『IMPULSE』のツアー真っ最中で。

Jun:『IMPULSE』は僕らにとって初めての全国流通作品だったんですよ。だからツアーも気合い入れて回っていたんですけど、神戸公演の当日、出発時間になってもボーカルが来なくて。待っても連絡が取れないし、時間もないからとりあえず現場に向かったんです。結局その日は連絡が取れないままライブが始まって。その日は急遽ギターボーカルでライブをしたんですけど、後日連絡が取れたボーカルから脱退の意思を告げられてそのまま脱退することになったんです。それがあのツアー中の出来事ですね。

 

Q.そういう兆候はあったのですか?

Jun:それが全くなかったんですよ。少なくとも自分は全く気付かなかったです。気付けなかったというか。

タカヒロック:後から考えるとなんとなく気付いていたメンバーもいたみたいなんですけどね。それでもその片鱗はあったかな、くらいで。結局ツアーの途中でボーカルが抜けてしまったので、そこからも残りのツアーはボーカル不在でファイナルまで何とかやり切りました。

 

Q.その後、ベースの脱退もあって。

タカヒロック:そうですね。しばらくは4人で活動をしていたんですけど、ツアーが終わって半年くらい経った頃にベースが抜けてまさかの3人になるっていう。それで活動を止めざるを得なくなって。1年くらいは活動が止まってしまいました。

 

Q.SHYさんが加入したのは?

タカヒロック:実は前のボーカルが抜けたすぐのタイミングでSHYに電話しているんですよ。びっくりドンキーから。

Jun:びっくりドンキーだったね(笑)。

タカヒロック:まだ公にボーカルが脱退したことを報告していない時期で、次のボーカルをどうするか、そもそもバンドを続けるか、僕とJun君で色々話し合ったんですよ。そのときに「SHYがいいんじゃないか」って話になって。

Jun:SHYが前にやっていたバンドとは対バンしたことがあったし、人間性も分かってたから面白いんじゃないかって。それでびっくりドンキーからいきなり電話したんですよ。そしたらSHYの第一声が「ボーカルが飛んだんですか?俺に歌えってことですか?」っていう。(一同笑)

SHY:酔っぱらってたんです(笑)。

Jun:まだ公表してなかったからびっくりして(笑)。

SHY:ちょうどその頃、友達のバンドの活動休止や解散が立て続けにあった時期だったから、冗談のつもりで「ボーカル飛んだ?」って言ったんですけど、本当に飛んでいて。

Jun:SHYはSNSのアカウントを消してたから情報も入ってなくて。

SHY:前にやってたバンドが止まって、ちょっと病んでしまって。それでSNSを止めてたんです。だから電話がかかってくるまで何も知らなかったんですよ。

 

Q.SHYさんにとってもGoodbye Mozartからの誘いはもう一度バンドを始める救いの連絡だったわけですね。

SHY:今考えればそうですね。周りからはハチャメチャに止められましたけど(笑)。

タカヒロック:あははは。

SHY:色んな人に相談したんですけど、揃いも揃って「グバモはやめとけ」とか「ボーカルが抜けてオワコンでしょ」とか「あのバンドにはもう可能性がない」とか滅茶苦茶言ってくるんですよ。それが段々腹立ってきて。グバモは大好きなバンドだったし、俺を誘ってくれた大事なバンドなので「だったら俺が変えてやる」って気持ちになってきたんですよ。それで火が点いて「グバモに入れて欲しい」と俺からメンバーに伝えたんです。だけど実際に歌ってみたら全然歌えなくて。

Jun:やばかったよね。

SHY:前のバンドでは叫ぶのがメインだったから、いざグバモでメロディのある歌を歌ってみたら全然歌えないことに気付いて。「俺が変えてやる」とか言ってたのに(笑)。そこから俺の猛特訓が始まるんですよ。週5くらいでスタジオやボイトレに入ってとにかく練習して。

Jun:当時、SHYは福岡に住んでいて、名古屋と福岡を交互に行き来していたんですよ。その期間、ずっとSHYはボイトレしていたんですけど、半年くらいの期間でめちゃくちゃ歌が上手くなって。情熱と意地だなと。本当に滅茶苦茶変わったんですよ。それで名古屋に呼んだんです。

タカヒロック:それが2016年くらいですね。

 

Q.今のラインアップが揃ったのは?

タカヒロック:SHYが入った後に当時のベースが抜けて、その翌年の2017年にAGUL

が入りました。そこでフルメンバーが揃いましたね。

 

Q.以前のGoodbye Mozartと比べて随分空気感が変わった気がします。

タカヒロック:滅茶苦茶変わりましたね。以前のグバモって僕のエゴが強かったと思うんですよ。やり方もやりたいことも僕の意見を押し通すみたいな。だけどSHYがバンドに入ってきて色んなことが変わったんです。

 

Q.バンドが掲げる「フェス系ロックバンド」という在り方もSHYさんが加入してからですよね。

タカヒロック:SHYの提案です。なんなら僕はあまりフェスに興味がなかったんですよ。だけどSHYがフェスに対する思いをプレゼンしてくるからそこに乗ってみようって。そうやってSHYがやりたいことをバンドに持ち寄って今は活動するようになったのは、僕らの中では大きな変化だと思います。

 

Q.活動する中でイニシアチブの取り方が変わったと。前はやっぱりタカヒロックさんの色がかなり強かったですもんね。

タカヒロック:そうですね。初期メンバーのJunとkenTには特に迷惑をかけました。「当時はすみません」みたいな(笑)。

 

Q.あとはSHYさんと以前のボーカルのキャラが全く違うじゃないですか。そこも大きいですよね。当時のGoodbye Mozartはタカヒロックさんが思い描いた像にみんなが頑張って近付こうとしていたイメージもあって。「頑張ってGoodbye Mozartにならなきゃ」みたいな。

タカヒロック:それは否めないですね。

 

Q.でも今はメンバー全員がバンドを動かしている印象に変わりました。

Jun:そこが伝わっているのは嬉しいです。

 

Q.勿論、タカヒロックさんの個性は何も衰えてないんですよ。むしろ滅茶苦茶強くなってる。その上で一番前に出ているのがSHYさんっていう。それが今のGoodbye Mozartなんだなって。

SHY:やっぱり加入当時はタカヒロックの個性が強すぎて、躊躇することもあったんですよ。しかもあの頃は「俺の言うことを聞け」みたいな感じだったので(笑)。

タカヒロック:恥ずかしくなってきた(笑)。

SHY:だからそのやり方に着いていけないと思ってタカヒロックに相談したんです。そしたら変わってくれたんですよ。「おまえのやりたいことをまずはやってみよう」って言ってくれて。その話をしてからは出来上がる曲も凄くしっくりくるものが多くて、これならやっていけるなって確信を持てたんです。

タカヒロック:SHYだったらバンドの最前線を任せられるなって思ったんですよ。それまではどうおしても自分が前に出なきゃ駄目だと思っていたし、実際そうだったんです。だけどSHYならバンドの先頭を任せられる。そう思ったのがグバモが変わった一番のきっかけだと思います。

 

Q.しかもSHYさんは全然歌えないところからスタートしているわけで。努力してその立ち位置を掴み取ったのも今のGoodbye Mozartの強さかもしれないですね。

Jun:SHYがフロントマンとしてバンドを引っ張ってくれるのは本当に心強いし、バンドの進む道を照らしてくれるので安心して着いていけます。たまに暴走するけど(笑)。

 

Q.迷いのなさというか、バンドのアイデンティティみたいなものがそのままストレートに「Che Che Kule Dance Club」には表れていますよね。

Jun:僕らの提示する「フェス系ロックバンド」がそのまま表現出来ていると思います。今後の僕らの代名詞になっていく曲だと思いますね。

SHY:あの曲自体は凄く自然に出来上がったんですよ。物凄くナチュラルに。俺はとにかくフェスのシーンで勝負したくて、その為に必要な武器がバンドのメンタルからアウトプット出来たのが自信に繋がりましたね。

Q.ちなみにフェス系ロックバンドの定義ってどんなものですか?

SHY:グバモって天才がいないんですよ。それに僕なんかはここじゃ言えないような人生を歩んできて。そんな奴が集まってやっているバンドがフェスに出て大きなステージで歌うことが出来たら同じような境遇の奴の希望になれると思うんです。「あいつがやれたんだから俺もやれる」って思ってくれる人がいたら嬉しいし、自分達が夢を追うこと、夢を叶えることで、誰かに夢を与えたいんです。それがフェスっていうカルチャーの存在だと思っていて。だからバンド人生をかけてフェスに出たいんです。それがグバモのバンドの在り方ですね。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………..

Goodbye Mozart/Che Che Kule Dance Club
NOW ON SALE
¥550 (Tax in)
CMPR-1001

https://goodbyemozart.com/