EMPiRE

interview by 柴山順次
WACKとavexによる共同プロジェクトとして華々しくデビューしたEMPiREだが、その旅路は決して平坦なものではなかった。メンバーの移籍、脱退も経験した。いつ止まってもおかしくない状況の中で彼女達は葛藤を繰り返しながらそれでも前に進んできた。旅の途中、MAHO EMPiRE、MiKiNA EMPiRE、NOW EMPiREがグループに加わり、現在のラインナップになったことで何かが弾けて何かが変わった。そしてこのタイミングでEMPiREが作り上げたアルバム『the GREAT JOURNEY ALBUM』が本当に素晴らしいのだ。ここで提示されているのはEMPiREの築く新世界。彼女達が自身のパブリックイメージを自ら壊し切り開く新世界とは。「行かねばどうしよう」を奮い立たせた「いざ行け」は自信と確信を持った「ともにいこう」に。アカルイミライに向かい駆け出したEMPiREに話を訊く。

 

Q.2019年は本当に色んなことがあったと思いますが。

MAYU:トピックの多い1年でしたね。YUKAちゃんが脱退してNOWが入ってきて、空気が凄く変わったなと。それはメンバー間の空気もだし、エージェント(ファンの総称)の空気もだし。なんか纏っているものが全然違うものになった気がします。

MiDORiKO:私達自身も、やっている音楽も、全部が強くなったよね。

MAHO:みんな明るくなったと思います。

 

Q.「ピアス」のインタビューの時とか、笑って会えなかったですからね。「この空気どうしよう」みたいな。ちょっと冗談とか言ってみても「シーン」って。

MAYU:本当すみません(笑)。

MAHO:全員が下を向きながら黙って飲み物をスーって(笑)。

 

Q.正直、いつ終わってもおかしくない状態だったと思うんです。だけどひとつひとつ乗り越えてきた訳で、それがアルバムという形になったのが今作だなと。

MAYU:新しいEMPiREの道を切り開いてくれるアルバムになった思うし、私達らしさの核になるアルバムが出来たと思います。

 

Q.活動初期と現在では、その「らしさ」のイメージが随分変わったなと。「Have it my way」で「お利口ちゃんじゃ終わらない」と歌っているじゃないですか。EMPiREがお利口ちゃんだったという意味じゃないですけど、やっぱりこれまでのWACKのイメージとは違うクールな印象があったじゃないですか。そういうパブリックイメージをこのアルバムで自ら壊しにきたなって。

MAHO:これまでの自分達にちょっとしたコンプレックスを感じていたんですよ。でもそのコンプレックスを壊すのは今だなと思って。

MAYU:根本的に自分達に対してずっと自信がなかったからね。

Q.明らかに何かが変わったことを感じたのは新体制になって初のリリースだった「SUCCESS STORY」のMVを観た瞬間でした。飛び込んでくる音と冒頭の振り付けからこれまでのイメージとガラッと変わりましたよね。

MAYU:自分達でも視界が開けた感じがしました。

 

Q.「破壊なくしては進歩はないのさ」という歌詞の通り、メンバーの移籍や脱退を経て前に進んできたことが如実に現れているなと。

YU-Ki:NOWが入ってきて、メンバーの責任感も芽生えたんですよ。よく話すようになったし。

 

Q.凄く暗い表情で下を向きながら「コミュニケーションが上手く取れない」「メンバー間で話し合いが出来ていない」と言っていた前回のインタビューが嘘みたいに皆さん表情が明るくなったなと。

MiDORiKO:それは本当にNOWの人柄のお陰だと思います。妹っぽいというか、なんか変なんですよ。宇宙人みたいな感じで面白いので(笑)。そういうムードメーカーみたいな子が入ってきてくれたことで雰囲気が和やかになったんです。

 

Q.なんかNOWさんって太陽みたいですよね。

YU-Ki:わ!ポジション取られた!(一同笑)

MAYU:何のポジション(笑)。でもMAHOとMiKiNAが入ってきたときは私達もまだキャリアが全然ないときだったし、そんな中でYUKAちゃんが脱退することになって、私達がもっとしっかりしてたら良かったなって後悔したんですよ。2人にはいきなり苦労させてしまったので。だからNOWが入ってきた時はそういう気持ちにさせたくなかったし、YUKAちゃんが抜けた経験を絶対無駄にしないようにって思っていたんです。そしたら逆にNOWが私達を明るくしてくれて。

MAHO:私達が入ったときは今と比べると全員が個人戦みたいな感じで。それぞれやっているところにポンって入ったので、何をどうしたらいいかも正直分からなかったんですよ。その後、YUKAちゃんの脱退があって、色々話し合ったタイミングでNOWが入ってきて、EMPiREとして色んなことが変わったなって思います。

 

Q.アルバムでは「ピアス」が再録されていますけど、同じ曲なのに今の6人が歌うと全然違う曲に聴こえるんですよ。あの時は悩んでいる感じというか、それこそ「行かねばどうしよう」という歌詞を言葉通り受け止めていたんですよね。だからこそ渡辺さん(渡辺淳之介:WACK)がみんなに「いざ行け」という歌詞を歌わせたんだと思っていて。でもそこを乗り越えた6人だからこそ「A journey」では「ともにいこう」と力強く歌えるようになったんだなって。

MAYU:渡辺さんが書いて下さる歌詞って自分達の等身大の気持ちがそのまま反映されているんですよ。「WE ARE THE WORLD」でも「わたしたちの自由な時間だよ」って歌っているんですけど、今までは自由と言える自信すらなかったので。でも今は自信を持って歌えるし、「一緒に楽しもう!」じゃないけど「A journey」の「ともにいこう」みたいな気持ちでEMPiREをやれているのが本当に嬉しいです。

 

Q.「WE ARE THE WORLD」では渡辺淳之介イムズである「新たにルールをつくっちゃえばいい」という歌詞もありますけど、今のEMPiREなら説得力もあるなと。

MAHO:やっとみんなを巻き込んで投げかけるような、包み込むような曲を歌えるようになったというか。やっと今歌える曲だなって思います。

YU-Ki:失敗しないようにとか、こうしなきゃいけないみたいな固定概念がずっとあって。でも「新たにルールをつくっちゃえばいい」という歌詞に気付かされたんです。自分達の道は自分達で作ればいいんだって。

 

Q.失敗して当たり前ですからね。それよりチャレンジすることが大事な訳で。

YU-Ki:NOWが「何でもチャレンジ!」って言ってくれて、失敗しても勉強だなって思うようになったんです。

MAYU:私達はいきなり恵まれた環境でデビューさせてもらって、だからこそ失敗しちゃいけないという気持ちが強かったんですよ。でも失敗するなら今のうちだなって最近は思えるようになったんです。だから色々チャレンジ出来るようになったしNOWが言うように何でもチャレンジしようと思えるようになったんですよね。

NOW:私は出来ないことを出来ないままにするのが嫌で。失敗してもいいから何でも挑戦するのが人生の目標でもあるんです。

Q.何でもチャレンジすること、何でも話し合うこと、それが大きくEMPiREを変えたのかもしれないですね。

MAYU:前は上手く話せなかったんです。EMPiREをまとめるために嫌なことも言わなきゃいけないと思っていたんですけど、私の性格もあって、上手く伝えられないからギクシャクしたり。

 

Q.でも今のEMPiREだったら苦言を苦言として受け止めるんじゃなくてポジティブに変換出来るんじゃないですか?前は「じゃあどうしていくか」という話に辿り着く前にギクシャクしちゃって空気が重くなったり、全員下を向いてしまったりしていたのでしょうけど。

YU-Ki:なんで分かるんですか!?凄い!

MAYU:前は本当にボールを投げても地面に落ちるみたいな。コロコロって。でも今は同じ熱量で語れるんです。みんなそれぞれが持つEMPiRE像はあるんですけど、それをちゃんと話し合えるようになったのは物凄く大きいです。

 

Q.でも、今の6人が書いたからこそ「I have a chance!!」では「止まってられないよ」「大丈夫だよ」という言葉が出てくるんですよね。だって止まりそうだったし、大丈夫じゃなかったじゃないですか。

MiKiNA:前じゃ絶対書けなかったですね。ノーチャンスです。

YU-Ki:ノーチャンス(笑)。

MiKiNA:ちょっと前の自分達だったら自信の無さが露呈してしまって「I have a chance!!」のような歌詞は書けなかったと思います。

MAYU:少なくとも笑顔では歌えなかったですね。でも今は自然に笑顔になっちゃう。前だったら楽しそうには出来たかもしれないけど、歌った後凄く悲しい気持ちになっちゃうだろうなって。

 

Q.ちゃんと肩を組んでる感じがあるんですよね、今のEMPiREって。エージェントも含めて。

YU-Ki:前はエージェントのみんなに引っ張ってもらってる感覚があったんです。でも今はエージェントに対して「もう大丈夫だよ」とか「ともにいこう」っていう言葉とか思いをちゃんと届けられる気がしています。同じ道を一緒に横一列になって歩けていると思っているので。

MAYU:エージェントとの心の距離がより縮まったかも。応援してくれてるんだな、愛してくれてるんだなって、凄く近くに感じられるようになった気がしています。感謝ですね。

 

Q.「きっと君と」はラブソングのように聴こえて実はエージェントとの距離が描かれている気がするんです。

MAHO:この曲は、諦めちゃってる自分と諦めたくない自分の葛藤を書いたんですけど、結構色んな人にラブソングだって言われてびっくりしちゃって。でも届きそうで届かないもどかしさみたいなものはラブソングに近いのかなとか思ったり。

 

Q.その届きそうで届かないもどかしさが今までエージェントが感じてた気持ちなのかなって。「ピアス」前後の悩んでいる時期を一緒に悩んでくれたのはエージェントだと思いますし。

MAHO:今回のアルバムって凄く前向きじゃないですか。でもそこに辿り着くまでの葛藤が「きっと君と」では赤裸々に出ているなって。でもその時期を支えてくれたのは紛れもなくエージェントですね。

 

Q.でもまだまだEMPiREは旅の途中で、むしろやっと全員揃ってスタートに立てたのかなと。

MiDORiKO:今まではグループとしての戦い方が分かっていなかったんですよ。他のメンバーに頼ることが出来なかったんです。でも今は6人一緒に戦っていると思っているので、グループとしても個人としても強くなっていきたいです。

MAYU:それぞれの個性も伸ばしたいし、その上でEMPiREとしても強くなりたい。前は自分の身の置き所が分かっていなかったからただの個人戦みたいになっていたんですけど、今だったらEMPiREの一員として力を発揮することが出来ると思うんですよ。

 

Q.例えばMiDORiKOさんがシャウトするパートとかも今のEMPiREは全員で援護射撃するじゃないですか。「よし、いけー!」みたいな。でも前は「その時間は休憩」みたいな。嫌な言い方をすると。

MAHO:凄い!

MAYU:全く以ってその通りです。

YU-Ki:超見透かされてる。何も言えない。

MAHO:本当にそういうところだと思うんですよ、誰かが頑張ってる時に一緒に頑張れなかったんです、私達。そういう意味でグループになれてなかった。でも今やっとそこが分かってきたなって。

 

Q.今は誰かが面白いことをやりだしたらみんながどんどん乗ってくるじゃないですか。誰かの持ち場にYU-Kiさんが入り込んできて全員で突っ込むみたいな。

MAYU:ああ、めっちゃ入り込んでくる(笑)。

YU-Ki:恥ずかしい(笑)。

 

Q.でもそこに絆を感じるんですよ。一斉に突っ込むあの感じとか。

MAYU:すぐ人の動画に映り込んできますからね。

MiDORiKO:泥棒猫。(一同笑)

 

Q.前だったら「うわ、泥棒猫だ」って心の中で思って終わってたかもしれないですけど、今は「泥棒猫!」って言える訳で。

YU-Ki:今は全部さらけ出せますからね。前はメンバー間でも出せない部分というか、出しきれない部分があったけど、今はなんでもOKなので。

MAYU:何がなんでもOKだよ。(一同笑)

 

Q.さっきのお利口ちゃんの話じゃないですけど、守ろうとしていたイメージを自分達で崩したことで何をしてもOKというところに辿り着いたのかもしれないですね。

NOW:入った頃はEMPiREのクールなイメージに馴染まなきゃいけないと思っていたから硬くなってた部分とかあったんですけど、あの頃よりEMPiRE全体の笑顔が以前より増えたなって思います。

YU-Ki:昔は本当にクールって思われることが多かったんですけど、最近は面白そうとか、楽しそうって言われるんです。そういう雰囲気がちゃんと伝わってるのは嬉しいですね。

 

Q.勿論そのクールさにEMPiREのかっこよさがあったとは思うんですよ。だけどやっぱり今のEMPiREは当時に比べて圧倒的に笑顔が増えたし、何よりメンバーが楽しそうですよね。「ピアス」のインタビューとは全員別人みたいですから(笑)。

MAYU:あの日のインタビュー、黙ってコーヒーを見つめてる絵しか思い浮かばない(笑)。

YU-Ki:なんて言おう、なんて言おうみたいな。

MAYU:でもあの経験が糧になるというか、あそこを乗り越えたから何でもいけるっしょみたいな力はもらえたのかなと。

MAHO:あれがなかったら気付けてないもんね。

 

Q.今回のアルバムで「I have a chance!!」を6人の言葉で書き上げたことが全てですよ。物凄く馬鹿みたいな感想ですけど、本当に良かったなって思いました。このアルバムを聴けて良かったです。

MAYU:ありがとうございます。ここからのEMPiRE、見ててください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル:the GREAT JOURNEY ALBUM
2019.12.18 ON SALE

【初回生産限定盤】(BOX仕様/カセット+Blu-ray+LiVE CD+PHOTOBOOK)
AVTD-96397/B~C/¥9,091(税別)

【DVD盤】(CD+DVD)
AVCD-96398/B/¥4,800(税別)

【CD盤】
AVCD-96399/¥2,000 (税別)

[CD&CASSETTE TAPE]
01 Have it my way
02 WE ARE THE WORLD
03 ピアス(the GREAT JOURNEY ver.)
04 A journey
05 RiGHT NOW
06 きっと君と
B-SiDE
07 SUCCESS STORY
08 NEW WORLD
09 曲がりくねった道の
10 I have a chance!!
Bonus Track(AVTD-96397/B~Cのみ収録)
11 SELFiSH PEOPLE(the GREAT JOURNEY ver.)

[Blu-ray]
-2019.07.11 at Mynavi BLITZ AKASAKA NEW EMPiRE TOUR “EVOLUTiONS”
01 EMPiRE is COMiNG
02 SELFiSH PEOPLE
03 デッドバディ
04 Don’t tell me why
05 EMPiRE originals
06 maybe blue
07 Talk about
08 TOKYO MOONLiGHT
09 Dope
10 コノ世界ノ片隅デ
11 ERASER HEAD
12 LiTTLE BOY
13 Black to the dreamlight
14 ピアス
15 アカルイミライ
16 FOR EXAMPLE??
17 SO i YA
18 S.O.S
19 Buttocks beat! beat!
20 MAD LOVE
21 SUCCESS STORY
※(AVTD-96397/B~Cのみメンバー副音声収録)
-Music Video
「ピアス」「SUCCESS STORY」「RiGHT NOW」「Have it my way」他6曲収録予定
-Making Movie

[LiVE CD]
-2019.07.11 at Mynavi BLITZ AKASAKA NEW EMPiRE TOUR”EVOLUTiONS”
全15曲収録予定

[DVD]
-2019.07.11 at Mynavi BLITZ AKASAKA NEW EMPiRE TOUR “EVOLUTiONS”

 

 

【初回生産限定盤】AVTD-94295/B ¥6,800(+税)

【カセット盤】AVTD-94296 ¥1,000(+税)

 

「EMPiRE presents TWENTY FOUR HOUR PARTY PEOPLE」

2019/3/3(日) Yokohama Bay Hall

11:00開場12:00スタート~2019/3/4(月)12:00終了予定

 

SUPER FEELiNG GOOD TOUR
2020年4月29日(水・祝) 神奈川 横浜Bay Hall
2020年5月2日(土) 熊本 B.9 V2
2020年5月3日(日) 福岡 DRUM Be-1
2020年5月5日(火・祝) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
2020年5月9日(土) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
2020年5月10日(日) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
2020年5月16日(土) 大阪 umeda TRAD
2020年5月17日(日) 岡山 エビスヤプロ
2020年5月23日(土) 北海道 Sound lab mole
2020年5月30日(土) 埼玉 HEAVEN’S ROCK 熊谷 VJ-1
2020年6月6日(土) 長野 松本ALECX
2020年6月10日(水) 東京 Zepp Tokyo

https://empire-official.com/