EIMIE×miscas

多様化するアイドルシーンの中でバンドサウンドを軸に活動するロックアイドル、EIMIEとmiscastが2020年1月よりバンドセットにて東名阪のツアーを開催する。『ヤバスギルkill -SPECIAL EDITION-』と題した今ツアーはEIMIE、miscast共にバンドセット。1/19(日)名古屋RADHALL、2/9(日)大阪心斎橋DROP、2/23(日)東京渋谷Milky Wayの3カ所をツーマンで回る刺激的なツアーになりそうだ。アイドルの在り方としてロックサウンド、バンドサウンドとの融合は今や珍しくはない。その中でシーンの最先端を走りながら新たな挑戦をし続ける2組による今回のツアーで、もしかしたらアイドルシーンの地図に変化が起きるかも!?EIMIE、miscastの総勢8人に集まってもらいツアーの意気込みを訊いた。

 

Q.EIMIEとmiscastの出会いは?

ichika:最初はmistFES?

えむこ:mistFESの前夜祭がmiscastのお披露目だったんですけど、その日EIMIEも出てくれて。それがmiscastとしては最初だった気がする。

お嬢:miscastとしては6月のmistFESが最初だけど、その前からメンバー個々は知っていて。

ichika:miscastのお披露目のときにお嬢ちゃんが泣きそうになりながら「めっちゃ良かった」って言ってくれたのが凄く嬉しかった。

お嬢:前のグループの頃から知ってるからね。とにかく感動しました。

 

Q.miscastは色んな歴史を背負っての今なので、その流れを見てきたEIMIEとしてはグッとくるものがありますよね。

お嬢:前のグループの頃からずっと見てるし、miscastとしての成長も凄いし。いつも滅茶苦茶刺激をもらっています。EIMIEも頑張らなきゃなって。

えむこ:EIMIEとmiscastって目指しているものが似ていると思うんですよ。EIMIEのライブは心に訴えかけるような熱いライブをするから、シンパシーを感じる部分が多くて。ライバルとしても、お手本としても、凄く近くに感じています。

うたげ:私が名古屋のアイドルシーンの熱さを知ったのはEIMIEがきっかけなんですよ。メンバーの熱さもフロアの熱さもEIMIEから全部教わったんです。EIMIEは大阪のアイドルですけど(笑)。

 

Q.EIMIEは名古屋のアイドル説があるくらい名古屋でライブをしていますからね(笑)。

お嬢:初めて会うアイドルにも「名古屋のアイドルなんですよね」って言われるんですよ。関西っていうとびっくりされます(笑)。

 

Q.さっきえむこさんが「EIMIEとmiscastは目指しているものが似ている」と言ってましたが、それぞれ目指しているものってどんなことだったりします?

ichika:miscastはまだ結成半年くらいだしTakiちゃんが入って間もないんですけど、ステージとフロアでお互い高め合いながら一緒に良いものを作っていけるグループを目指しています。

 

Q.まだmiscastになって半年なんですね。miscastになるまでも、miscastになってからも、色んなことがあり過ぎてもっと時間が経っていると思っていました。

ichika:本当に色んなことがあったので。でも今の4人になって、これまでとはまた違う感覚なんですよ。このメンバーだったら上にいけそうだなって思える力強さをメンバー全員から感じるんです。

えむこ:メンバーひとりひとりが頼もしいから安心して自分の好きなようにライブも出来るしね。

Taki:色んな人から今のmiscastは良いって言ってもらえることも増えて。私は前の体制のmiscastも観てるから自分に出来るか不安もあったんですけど、この4人がベストだって、この4人だから作れるものがあるんだって思って活動しています。

Q.今のmiscastはEIMIEからどう見えています?

ハルカ:今の4人になって本当にパワーアップしたし、最近はライブを観ていて圧倒されることが増えました。滅茶苦茶かっこいいし滅茶苦茶熱い。

ichika:熱さでいったらEIMIEだよね。

うたげ:毎回毎回全力なのが伝わってくるし、ライブ前の過ごし方とかも本当に凄いなって。

ichika:ライブ前のストイックさはmiscastにはないよね。

 

Q.EIMIEはライブ前何をしているのですか?

ハルカ:ライブの1時間前にはモードに入って、衣装に着替えて、気合いを入れて、柔軟体操をしてからライブのイメージを個々で確認します。それから4人で本番20分前くらいから発声をして身体を動かしながらどういうライブにするかシュミレーションして。

ichika:凄い!

お嬢:でもそれもこの4人になってからだよね。

 

Q.EIMIEがこの4人じゃなかったことがかなり昔のように感じます。

お嬢:かなり昔ですよね(笑)。miscastと一緒で私達も今の4人が揃ったから上を目指せると思ったし、まだまだ大きくなれると思っています。

Q.辿ってきた道が似ているから共鳴する部分があるのかもしれないですね。その2組がそれぞれバンドセットで一緒にツアーを開催するのはとても意味があるなと。

ゆなぽ:名古屋と大阪でバンドセットでワンマンをやってみてやっぱりバンドは凄いなって思ったんですよ。

ハルカ:バンドセットでライブをするとフロアの空気感がいつもとは全然違って。それも新鮮でしたね。

お嬢:楽しくて仕方なかったよね。

うたげ:miscastは初のバンドセットなんですけど、私は元々好きなバンドがアイドルのサポートをしていたことでロックアイドルを知ったので、自分がアイドルになってバンドセットでやれるのは夢だったし、それが今回のツアーで叶えられるのが嬉しいです。

 

Q.miscastとバンドセットは親和性がありそうですよね。元々THREE LIGHTS DOWN KINGSの名曲「BRAIN WASH」を継承していたり。

ichika:そうですね。バンドセットではまだ合わせていないんですけど、自分達でもどんな化学反応が起きるのか楽しみです。

 

Q.今回のツアーはお互いの距離感から、仲が良いだけじゃなくてバチバチしたものになりそうですよね。

お嬢:個人的にはみんな仲良いし、miscastは大好きなんですけど、バンドセットでのツアーが決まってからは同じシーンで戦ってるライバルとしても凄く意識しています。絶対に負けられないし負けたくないですね。

うたげ:EIMIEと違って私達はバンドセットでのライブは初めてだけど、同じ土俵で戦う以上負けたくはないですね。

カナ:バチバチや!

えむこ:そうやってお互いを高め合っていける関係性って良いですよね。やっぱり王道系のアイドルが強いですけど、今回のツアーを成功させて、miscastとEIMiEでロックアイドルの強さを見せつけたいと思っています。

ハルカ:東名阪をバンドセットでツーマンで回るなんて他のアイドルはやっていないと思うので、そうやって前例のないことをこれからもやっていきたいです。

うたげ:アイドルってかわいい存在だけど、miscastとEIMIEが打ち出しているかっこいいアイドルもいるってことを知ってもらいたいんですよ。そういうシーンをしっかり作り上げていきたいです。

ハルカ:全く同じ気持ち。アイドルってだけで舐めてくる人もいるけど、そういう人達に圧倒的なものを見せつけてシーンを更に強く、盛り上げたいです。

 

Q.アイドルだからって舐めてたらハルカさんにキルサージされそうですけどね(笑)。

ゆなぽ:あははは。名前からしてもう強い(笑)。

ハルカ:それめっちゃ言われる(笑)。

 

Q.ハルカキルサージとゆえにゆなぽっくるが共存するEIMIE(笑)。

ゆなぽ:180度違いますからね(一同笑)。

ハルカ:でもタイプの違う人間が集まっているから生まれる面白さもありますよね。EIMIEもmiscastもそのバランスは面白いと思っています。

 

Q.バランスという面ではmiscastではうたげさんとえむこさんでタイプの異なるシャウトが聴けるのもかっこいい。

ハルカ:めちゃくちゃかっこいいですよね。EIMIEで私がシャウトしていることが恥ずかしくなるくらいmiscastのシャウトはかっこいいです。タイプの違うツインシャウトは本当に強い武器だなって思います。

うたげ:ハルカちゃんのシャウトも本当にかっこいいです。いつも勉強してますから。

ハルカ:いやいやいやいや。

えむこ:私はついかっこつけちゃうんですけど、ハルカちゃんはかっこつけなくてもかっこいいのが凄いなって。

 

Q.この3人がひとつの曲の中でシャウトしまくるのはかっこよさそうですね。もしメンバーをシャッフルするならどういう面子でやってみたいとかありますか?

お嬢:えー!

ハルカ:難しい!

うたげ:考えたことなかった(笑)。

Taki:やっぱりトリプルシャウトは魅力ですよね。

ichika:だからハルカちゃんにmiscastに来てもらって(笑)。

カナ:そんなんだったら私は全員欲しいよ!

 

Q.トレードしていく結果、カナさんだけ最後に残ったりして…。

カナ:怖い怖い!泣いちゃう!

 

Q.でも今回のツアーが何かのきっかけになりそうな気はしますね。この先のアイドルシーンに影響も与えるでしょうし。

うたげ:ロックアイドルを好きな人がひとりでも増えるようなきっかけを自分達が作れたら嬉しいですね。圧倒的なかっこいいものを提示して観てくれる人を感動させたいです。

ichika:お互い刺激し合いながら8人とバンドで強くなっていきたいですね。

Taki:EIMIEはライバルだけど、今回のツアーでは8人で一緒に作るものも大きいと思うので一緒に成長していけたら嬉しいです。

 

Q.では最後にツアーの意気込みを聞かせて下さい。

ハルカ:さっきも言いましたけど、他のアイドルがまだやっていないことをどんどん先にやっていきたいので、バンドセットでツーマンでツアーを回ることの先駆けにEIMIEとmiscastがなれたらいいなと思っています。

カナ:ツーマンツアーがEIMIEだけでもmiscastだけでもなく8人全員で同じ空間を作り上げていくものなので、バンドメンバーさんもスタッフさんも含めたチーム全体で成功させたいです。その上でEIMIEが絶対最強になりたい。

お嬢:前ファンの子からもらった手紙に「かわいいアイドルしか知らなかったけどこんなにも熱くてこんなにも泣けるアイドルに出会えて衝撃です」って書いてあって。そう思ってくれる人を増やす為にも私達はもっともっと上にいかなきゃいけないんですよ。だから先ずは今回のツアーを絶対に成功させたいです。

ゆなぽ:東名阪で色んな人に知ってもらえるチャンスなので、いい意味でmiscastを利用して…。あれ?言葉間違えたかな(笑)。

カナ:良い意味で利用すな!(一同笑)

ゆなぽ:あ、利用させてもらって…。

ハルカ:言い方を変えただけで利用はするんだ(笑)。

ichika:あははは。そうやってみんなでバチバチしたツアーにしたいよね。絶対に遊びに来て下さい!

………………………………………………………………………………………………………………………………………….

RAD LIVE presents
BAND SET 2MAN TOUR『ヤバスギルkill -SPECIAL EDITION-』

1/19(日)名古屋RADHALL
2/9(日)大阪心斎橋DROP
2/23(日)東京渋谷Milky Way