XERO FICTION

2019年はXERO FICTIONにとって進化の1年だった。PIZZA OF DEATH内レーベルJun Gray Recordsよりリリースされた3rdアルバム『POP OVERDOSE!』では収録曲の大半が日本語詞にシフトしており、また彼らのライブのやり方や在り方にも変化を感じることが増えた。元々、パンクやハードコアのシーンにいたハルカとコウイチロウがそこに対するカウンターとしてポップでカラフルな音楽を提示しようと始まったのがXERO FICTION結成の経緯であるが、名実ともにポップを体現するようになってきた昨今、明確な意識の変化があったという。それもこれも常に面白いことを求め続けた結果。セルアウトではなく、ただ面白い方向に舵を取り続けるのがXERO FICTONのやり方なのだ。名古屋クアトロでのワンマン直前、ハルカとコウイチロウに話を訊いた。

 

Q.2019年はXERO FICTIONにとって変化の年だったんじゃないですか?

ハルカ:やっぱり日本語を大幅に取り入れたのは大きかったし、バンドに対する向き合い方とかライブのやり方とか、色んな面で意識が変わったなって思うことは多かったかな。

 

Q.XERO FICTIONは元々ハルカさんとコウイチロウさんが自身のルーツであるパンクやハードコアに対するカウンターとしてポップな音楽をするところから始まったじゃないですか。

コウイチロウ:うん。狙ってやってたと思う。

 

Q.でも最近のXERO FICTIONは狙わずともポップそのものになってきた気がしていて。それが『POP OVERDOSE!』には顕著に出ているなと。

ハルカ:日本語が増えたのも狙ってやったというよりは自然に変化していったんですよ。「SEVENTEEN」を作ったときはある程度狙いはあったけど、アルバムに関しては自然と日本語でやろうって。そのほうが伝わり易い気もしたし。

コウイチロウ:あとは刺激が欲しかった。俺はすぐ飽きちゃうから、最初はパンクやハードコアに対するカウンターとしてXERO FICTIONをやるっていうのが面白かったけどアルバムも3枚目になるとそこに飽きちゃうんですよ。ずっと同じことをしてても面白くないし。そういう意味で面白さを求めて日本語で書くようになったんじゃないかな。

Q.ハルカさんはボーカリストとして日本語を歌うことに抵抗はなかったですか?

ハルカ:照れはあった(笑)。やっぱり思っていることがそのままダイレクトに伝わるから「こんなこと思ってるんだ」とかメンバーに思われたりするのが最初は恥ずかしかったですね。でもそういう意味でもやっぱり日本語は伝わり易いと思うから、聴いてくれる人には伝わり易くなるんじゃないかなとか。

コウイチロウ:ライブで聴いてる人の反応が変わったもんね。ちゃんと歌詞を聴いてくれる人が増えた気がする。

ハルカ:色んな人に聴いてもらいたいし、知ってもらいたいし、伝えたい。そう思うようになったのはXERO FICTIONにとっては大きな変化だと思います。

コウイチロウ:勿論それはあるし、日本語になったことでファン層が広がったら嬉しいけど、最初の目的はやっぱり英語に飽きたからだけどね(笑)。だからアルバムでこれだけいっぱい日本語の曲を作ったから次はまた英語に戻すかもしれないし(笑)。

 

Q.コウイチロウさんらしいなあ(笑)。ちなみに日本語で歌うハルカさんを隣で見て感じることはありますか?

コウイチロウ:気持ち悪い。(一同笑)

 

Q.気持ち悪いって(笑)。

コウイチロウ:なんか微笑ましいなって(笑)。「SEVENTEEN」は俺とドランキーが歌詞を書いたんだけどハルカが日本語で歌ってるのが最初は面白くて。

 

Q.飽きを解消するって意味では大成功ですね(笑)。

コウイチロウ:そうそう。新しい挑戦だったし、そういう刺激がないとバンドをやってても面白くないからね。あとは聴いてくれる人が楽しんでくれたのも良かった。

 

Q.そこがまず変化ですよね。活動初期に比べて外に向けて発信することが増えたじゃないですか。「楽しませたい」とか「届けたい」といった感情がバンドから凄く伝わるようになったなと。

ハルカ:この1年くらいでそこは凄く変わったと思います。前は正直、そこまで深く考えてライブをしてなかったんですよ。みんなやりたいようにやってたし、観てくれる人のことを特に気にしてなかったというか。パンクやハードコアのシーンにずっといたから特に。でも色んな場所でライブをする機会が増えたり、色んなバンドと対バンするようになって、考え方が変わっていったんです。やっぱりライブってバンドだけじゃ出来ないし、そこにお客さんがいてくれて成り立つものだから、そういう人に届けたい気持ちが生まれたし、相手を楽しませたいって思うようになっていったんです。ライブハウスの隅っこにいる人にもちゃんと届けたいなって。

コウイチロウ:潜在的なところで人が楽しそうにしているのを見るのが好きなんだなって、この1年で気付いたんだよね。それを『POP OVERDOSE!』が出来るちょっと前くらいから悟りだして。好きな曲を好きなようにやってるだけだったら自分たちのオナニーじゃん。まあ、オナニーでも別にいいんだよ。でもせっかくやってるんだったら相手を楽しませたいじゃん。俺達みたいなバンドなんてお金になる訳じゃないし、生活を削ってやってる訳で、それでも何でバンドを続けているかって言ったら、俺達を観て名前も知らない人が喜んでくれることが嬉しいからなんだよね。レコードを出したら買ってくれる人、俺達の活動に対して反応してくれる人、そういう人達を喜ばせたい。その流れで「日本語で歌ったら面白がってくれるかな」とか「クアトロでやったら喜んでくれるかな」って発想になっていくんだけど。だから正直、不特定多数の人に向けてるんじゃなくて、目の前の人を楽しませたいって気持ちだけなのかもしれない。メンバーは「より沢山の人に届けたい」って思ってるかもしれないけど、「目の前の人に、より届けたい」かな。

 

Q.クアトロでのワンマンも、Jun Gray Recordsからのリリースも、常に誰かを驚かせたり面白くさせてきましたからね。

コウイチロウ:そうそう。俺達みたいなスタンスでバンドをやってて、こんなこと出来るってのがもう面白いでしょ。そういう柔軟さがこれだけバンドを長くやってると出てくるんだよね(笑)。

Q.今のメンバーになってどれくらいですか?

コウイチロウ:6年くらい経ったかな。

ハルカ:全然経ってない(笑)。3年くらいでしょ。

コウイチロウ:あ、そう?まだ3年?

 

Q.どんどん家族っぽくなってますよね。アー写とか家族写真に見えますもん。

コウイチロウ:あははは。でもそれが理想だよね。やっぱりアルバムも3枚目になると最初の頃のようなインパクトはないだろうし、動員も減ってくるんだよ。そういうときに普通のバンドだったら「お前がもっと頑張れ」とか「俺はこれだけ客を呼んでる」とか、言い合いになると思うんだけど、XERO FICTIONは家族経営だからみんなでやるだけなんだよね。インタビューにドランキーがいたって喋れないの分かってるから呼ばないし、だけど俺やハルカに出来ないことをドランキーが出来るかもしれないし。そうやって適材適所でバンドを回すのが俺の思う家族観なんだけど、XERO FICTIONはそこが上手く出来てると思うよ。みんなそれぞれ役回りがあるからね。俺は外で色々決めてくるのが仕事だと思ってるし。

ハルカ:クアトロのワンマンもいきなり決めてきたもんね。

 

Q.バンドで話し合って決めたのではなく?

コウイチロウ:うん。「クアトロ決めたよ」って。メンバーはびっくりしてた。

ハルカ:2019年の1月くらいにいきなり言われて。「まだ1年あるしなんとかなるでしょ!」って言われたけど、正直やばいと思った(笑)。でもそれでライブのやり方を意識するようになったり、バンドのモチベーションが高まったのは良かったのかなって。

コウイチロウ:そういう意図もあったんだよ。「クアトロのワンマンに向けてみんなで1年頑張ろう!」みたいな。誰かを楽しませたいって気持ちと同じくらい、バンドのモチベーションを保つためっていうのもあって。クアトロのワンマンが年の最後にあるから1年頑張れるみたいな。だから別に失敗したら失敗したで良いんだよ。1年みんなで頑張ったっていうのが残れば。「楽しかったな!乾杯!」で良いじゃん。

 

Q.ラスボスに向かうまでのロールプレイングをどう楽しむかみたいな。

コウイチロウ:本当にそれ。だから戦うための仲間が必要なんだよ。ひとりじゃ倒せないもん。そのスリルが楽しくてバンドをやってるから。

 

Q.旅の過程でレベルが上がっていくのも楽しいですしね。その中でハルカさんのレベルの上げ方がこの1年は凄かったなと。前は頑張って楽しもうとしてたのが、今は楽しくて仕方ないような感じがしますから。

ハルカ:私は元々ライブでノリノリになるタイプじゃなかったけど、せっかくライブをしてるんだから楽しみたいし、そこにいる人を楽しませたいって、前は無理してたかもしれないけど今は自然とそう思うようになったので。

コウイチロウ:ハルカは俺の術中にハマった感じはあるよね。本当にライブが良くなったもん。GASOLINEのライブで隣にGANちゃんがいるのと同じ安心感が今のハルカにはあるから。もう任せられるなって。だから来年はあまりライブに出なくても良いんじゃないかって思っている。

 

Q.え?

コウイチロウ:たまに行くくらいの。GASOLINEとライブが被ったらGASOLINEに行くみたいな。これまでずっとXERO FICTIONはコウイチロウだって言われてきたけど、それがハルカになったら嬉しいし、そうなったら俺は裏方で関わるのも面白いかなって。俺が目立たなくても良いから、XERO FICTIONは。

ハルカ:それは最初から言ってたね。

コウイチロウ:プロデュースする方が向いてる気がするんだよね。曲は作りたいし。

 

Q.相変わらず曲は作り続けているのですか?

コウイチロウ:実はちょっと止めてるんだよね。ずっと作り続けてきたから、止めてみたらどうなるか試そうと思って。ずっとゲージを溜めてる感じ。

 

Q.解き放たれたときに凄く大きなかめはめ波が出そう(笑)。

コウイチロウ:それが出せたら良いよね。その間にインプット出来ることもあるだろうし。でもそれはもしかしたらXERO FICTIONじゃないバンドかもしれない。まだ分からないけど。俺、新しいバンドやりたいんだよね。

 

Q.サラッと凄いことを言いますね。

コウイチロウ:すぐ飽きちゃうから(笑)。でもそういう俺の我儘を聞いてくれるのがXERO FICTIONなんだよね。だから「俺がギターを弾かなくても良いんじゃない?」って言ったら納得してくれそう。

ハルカ:そんなバンドいないよね(笑)。

コウイチロウ:うん。でもそれがXERO FICTIONかな。だから面白いし続けてるんだけどね(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

POP OVERDOSE! ツアーファイナル
12月21日(土)下北沢THREE
12月29日(日)名古屋CLUB QUATTRO

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


XERO FICTION
タイトル:POP OVERDOSE!
PZCJ-9
2,500円(+税)
NOW ON SALE
http://xerofiction.blogspot.jp/