Kids Return

Kids Returnが1stミニアルバム『GOOD MORNING WORLD』をTONIGHT RECORDSよりリリースした。メンバーの脱退や自らの音楽性の変化に伴い前身バンドとなる鏡トナリから改名したのが2017年。心機一転の改名から1年間、ゼロからバンドを始めるつもりで再スタートした橋本一平(Vo)とシャー:D(Dr)。サポートメンバーとして元All Found Bright LightsのTakuya(Ba)、All Found Bright Lights / Some LifeのKouhei(Gt)、OATHSのKenya(Gt)を迎えライブ活動を続けてきた彼らが完成させた『GOOD MORNING WORLD』は等身大で弱虫な面を惜しげもなく露わにした、まるでドキュメントのような作品となっている。「俺達もう終わっちゃったのかなあ?」「バカヤロー、まだ始まっちゃいねえよ」Kids Returnは始まったばかりだ。

 

Q.鏡トナリからKids Returnに改名した経緯を聞かせて下さい。

一平:色んな理由があるんですけど、音楽的な面でバンドが変わってきたのもあったし、メンバーの脱退もあって心機一転というか。

シャー:D:北野武監督の映画「キッズ・リターン」で最後のシーンで「俺達もう終わっちゃったのかなあ?」「バカヤロー、まだ始まっちゃいねえよ」っていう台詞があるんですけど、それが自分達とリンクしたんですよ。それで再出発の意味も込めてKids Returnに改名しました。

 

Q.鏡トナリとしての後期はどういう状況だったのですか?

シャー:D:中々リリースが出来なくてかなり待たせてしまったなって。

一平:曲も出来なかったし、メンバー同士のコミュニケーションも上手く取れてなかった時期で。そういう状況も変えたくて改名したのもあるんですけど。

一平:でも実際に改名したら、こんなにも認知されなくなるんだっていう現実も付きつけられました。鏡トナリからKids Returnに変わったことが中々広まらなくて。

シャー:D:今でも「Kids Returnって鏡トナリなんだ」って良く言われるもんね。

 

Q.改名してからの1年間で状況は変わりました?

一平:「ORANGE DAYS」のMVを出してやっと「あれ?」って気付いてくれる人が出てきたんですけど、TONIGHT RECORDSからCDをリリースしたりライブを重ねてきた中でKids Returnを認識してくれる人はかなり増えましたね。あと何より曲を作るのがめちゃくちゃ楽しいです(笑)。

シャー:D:鏡トナリは曲を作るメンバーがいたけど、Kids Returnになってからは原点に戻って2人でスタジオに入って作ってるんです。それが本当に楽しくて。

一平:僕がアコギで作ってきた曲を2人で形にしてサポートメンバーも交えてアレンジしていくっていうアナログな作り方なんですけど、逆にそれが新鮮なんですよね。

 

Q.以前に比べて一平君の素の部分が出ている気がします。

一平:それは僕も感じています。言葉も表情も凄く素だなって。

 

Q.Kids Returnの楽曲はリアルなラブソングとバンドに対する思いがリンクしているような気がするのですが。

一平:大きく分けるとその2本の柱ですよね。僕、歌詞は自分のことしか書けないんですよ。ラブソングにしてもバンドのことにしても結局自分のことばかり(笑)。しかも落ち込んでいるときに書くことが多いので、後から読むと恥ずかしいんです(笑)。その中で最終的には前を向けるような歌詞になっているとは思うんですけど。

 

Q.「NEVER EVER」は恋の終わりを歌っていると思うのですが、同時に鏡トナリのことを歌っているようにも感じました。そしてその流れで聴く「Remember me」からはここで終わらせないという強い決意を感じるんですよね。なのでアルバムの1曲目でしっかり終わらせて2曲目で新しいスタートを切るような、まさに今のKids Returnを表す展開だなと。

一平:どやばい。それ、俺らの意思として書いておいてもらってもいいですか(笑)。正直、そんなこと何も考えてなかったんですけど、今日からそういうことにします(笑)。

 

Q.後悔や迷いを振り切って「Remember me」ではちゃんと前を向いているんですよね。そこに2人の覚悟も含まれているなって。

一平:震えます。どっちも失恋ソングとして書いたんですけどバンドとめちゃくちゃリンクしていますね。それを今気づくという(笑)。

 

Q.ラブソングという側面で言えば一平君の恋愛観が分かり易く出ていますよね。

一平:ああ、もうそのまま僕の恋愛観ですね。僕、女々しいんですよ(笑)。

 

Q.でも女々しいだけじゃなくて希望も歌っているじゃないですか。

シャー:D:ちゃんと最後に希望を見せてくれるのは一平君らしいですよね。

 

Q.鏡トナリって希望や光を歌ってきたバンドだと思うのですが、それはそのまま「The Light」に引き継がれているなと。

一平:この曲が出来た頃は全然曲が作れなくて、だけどTONIGHT RECORDSからのリリースは決まっていて焦っていたんです。それで光を求めて書いたのが「The Light」だったんですよ。この曲が出来て何かが変わった気がしますね。

 

Q.「ORANGE DAYS」を聴いて感じたんですけど、一平君は手に入れることより手に入れるまでの方が燃えるタイプじゃないですか?

一平:鋭い(笑)。僕の駄目なとこなんですけど、傍にいる人を段々大切に出来なくなっていくんですよ。恋愛にしてもメンバーにしても。だからそれじゃ駄目だぞって自戒の念も込めて(笑)。

 

Q.「Make one’s way」や「November 8th」は鏡トナリとしての自分達を肯定した上でKids Returnの始まりを宣言する力強さがありますよね。

一平:改名したばかりの頃は鏡トナリに負けたくなかったし、当時の自分を否定したりもしていたんです。だけどあの頃があったから今の自分達があることに気付いたんですよね。

シャー:D:やっとあの頃の自分達を愛せるようになったなって。さっき一平君が言ってたように、やってきたことを否定していた時期もあったんですけど、当時のメンバーにも関わってくれた人達にも今は本当に感謝しています。

 

Q.鏡トナリ時代の「Kids Return」では「あきらめないことが大事だから」と歌っていたじゃないですか。それがそのままバンド名になって、「November 8th」の歌詞に繋がっていくのが全てを物語っている気がします。

一平:Kids Returnとして、過去も全部連れていくという気持ちがやっと形に出来たと思っています。悔しい思いもしたけれど、今は本当に大事な経験だったと思うし、まだまだ夢を見ているので。Kids Returnとして夢を掴みたいです。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………….


タイトル:GOOD MORNING WORLD
RCTN-1016
¥1,500(税別)
NOW ON SALE

9/06 神戸太陽と虎
9/12 高田馬場 club PHASE
9/13 仙台 Flyingson
9/29 岡山 CRAZYMAMA 2ndROOM

9/30 大阪心斎橋 BRONZE
10/14 大分 club spot
10/15 福岡 Queblick
10/16 広島 Cave-Be
10/21 金沢 vanvan V4
10/22 新潟 REVERST
11/01 大阪福島2ndLINE

11/03 八王子RIPS

11/16 新栄RAD SEVEN

http://www.kidsreturn-official.com/