ナト☆カン×究極人形

 

CANDY REMIX所属のナト☆カンと究極人形がシングルを同時リリース、また8月にはそれぞれがワンマンライブを伏見LION THEATERで行う。5月に名古屋ReNY limitedにてで行われたツーマン「ナトアル布教会」を大成功に収めた2組が放つ今回のシングル。ナト☆カン「NANとカット!」は矢野晶裕とYunomiによるエレクトロEDMサウンドが炸裂したキュートさと切なさが混合した楽曲となっており、一方、究極人形「光を探して。」は作矢野晶裕による楽曲を山口雄太、名雪亘、丸下史洋が編曲するという豪華な布陣で制作されたエモーショナルな楽曲となっている。今作を引っ提げたワンマンライブも決定しているナト☆カン、究極人形に話を訊く。大型タイアップも決まり、ますます勢いを増すキャンリミアイドルから目が離せない。

 

Q.ナト☆カン、究極人形、シングル同時発売おめでとうございます。

ななえる:ありがとうございます!

吉田あかり:CDがリリース出来て嬉しいです!

 

Q.まずは5月に名古屋ReNY limitedで行われたツーマン「ナトアル布教会」について聞きたいのですが、物凄く沢山のお客さんが集まっていましたね。

吉田あかり:本当に沢山の方が集まってくれて嬉しかったです。

みく:私ときるるんはナト☆カンに入って初めてのツーマンだったんですよ。

のんちゃん:ねえ、ちょっと!私も初めてなんだけど!(笑)。

ななえる:のんさんはチビ☆カンで長くキャンリミにいるから初めての感じが全然しないよね(笑)。

のんちゃん:小さい頃からキャンリミにいるからね。

あまゆし:今も小さいよ(笑)。

のんちゃん:ちょっと!(笑)。

東端みあ:究極人形もあかりんさん以外はみんな初めてのツーマンだったんですよ。凄く盛り上ってくれて楽しかったです。

吉田あかり:大きいライブ自体がメンバーが変わってから初めてだったので不安もあったけど、ライブをしながらメンバーの成長を感じることが出来て自分でも感動しました。

きるるん:私は1曲目から号泣しちゃって。めっちゃ楽しかったし、アイドルをやっていて本当に良かったなって思いました。

 

Q.ツーマンをやってみてどうでした?

のんちゃん:究極人形はいつも以上に輝いていてかっこいいなって思いました。

吉田あかり:ナト☆カンんもいつもの1倍かっこよかった。

ななえる:ねえ、1倍じゃいつもと一緒じゃん(笑)。

吉田あかり:あ、100倍だ(笑)。

ななえる:本当?

吉田あかり:滅茶苦茶パワフルなライブをしていて、着替えなきゃいけないのにみんなで楽屋のモニターで見入っちゃったから(笑)。

ななえる:お互いの曲を交換したのも面白かったね。究極人形の「愛のままにわがままに僕は君だけを究極に」をナト☆カンが歌ったり、ナト☆カンの「メザメノオト」究極人形が歌ったり。究極人形がナト☆カンっぽく踊っているのも面白かった(笑)。

みく:究極人形はダンスがバキバキだからかっこよく踊ると思ったら、なんかちょっとヘロヘロで(笑)。

吉田あかり:それはペロさんに「どうやって踊ったらいいですか?」って聞いたら「ナト☆カンみたいに踊ればいいよ」って言われたから(笑)。私達は操られアイドルだから(笑)。みく:え!じゃあナト☆カンのダンスはあんな感じってこと?

吉田あかり:あれ?違う?(一同笑)

 

Q.あははは。ナト☆カンと究極人形の関係性って面白いですね。

ななえる:究極人形はライバルでもあるんですけど、それ以上に仲間って意識が強くて。

りぼん:以前のツーマンではライバル的な感じで戦ったりもしたんですけど、最近は協力しあってひとつのものを作ったり、ナトアルとしての活動もあったりで、仲間感が強いですね。

天使ころ:お互いないものを持っているので刺激し合える関係もいいと思っています。

吉田あかり:究極人形って陰キャの集まりじゃないですか(笑)。でもナト☆カンといると楽しくなるんですよね。こんなに近くに仲間でありライバルである存在がいてくれて切磋琢磨出来ることは凄く幸せです。

東端みあ:アイスクリームのこっちとこっちで違うのあるじゃないですか。

吉田あかり:え?

 

Q.どういうことでしょう(笑)。

東端みあ:アイスクリームでふたつ入っていて、ひとつがバニラでひとつがチョコみたいなのわかりますか?ナト☆カンと究極人形はああいう関係性だと思うんです。それぞれ違う味だけどひとつになっても美味しいんですよ。

 

Q.凄い(笑)。そんな中、5月31日にナト☆カンは「NANとカット!」、究極人形は「光を探して。」を同時リリースした訳ですが、どっちの曲もらしさが爆発していますね。

ななえる:「NANとカット!」はめちゃくちゃ可愛い曲なんですよ。

Q.究極人形のみなさんは「NANとカット!」を聴いてどう感じました?

天使ころ:可愛くて元気になる!

吉田あかり:ナト☆カンらしさが溢れている曲だなって思いました。私達の「光を探して。」とは真逆の曲なので比較すると面白いなって。

 

Q.確かに「光を探して。」は可愛らしさより究極人形のアーティスティックな面が出ていますよね。

吉田あかり:滅茶苦茶かっこいいですよね。自分で歌っていても心に刺さります。「これが究極人形です」って胸を張れる曲です。

東端みあ:「絶叫戦争」は感情を「バーン!」って叩きつける曲だったと思うんですけど、「光を探して。」は静かに相手の心に訴えかける曲なんですよ。これまでの究極人形ともまた違うタイプの曲が出来たので幅も広がったんじゃないかなって思います。

Q.ナト☆カンのみなさんは「光を探して。」を聴いてどう感じました?

のんちゃん:歌詞も良いし曲もかっこいいし、ナト☆カンとは真逆の方向性の曲で、究極人形のコンセプトに凄く合ってると思いました。

みく:コンセプト通りだし、コンセプト以上だなと。涙腺が緩くなりました。

ななえる:「光を探して。」を聴いて私は何回も泣いてます(笑)。私は元々究極人形にいたじゃないですか。だからちょっと歌いたかったです(笑)。でもナトアルで一緒に踊ることはあるだろうし、そのチャンスを楽しみにしておきます(笑)。

 

Q.今回のシングルもですが、ナト☆カンと究極人形はコンセプトとしてその存在が対になっていると思うんです。陰と陽というか。そしてそれはプロデューサーであるペロさんが併せ持っている二面性だと思うんですよね。

ななえる:人は誰しも二面性を持っていると思うんですよ。それを分かり易くナト☆カンと究極人形で分けているんだと思います。ナト☆カンはとにかくみんなを楽しくさせたいし、究極人形は辛い時に寄り添ってくれる。そうやってそれぞれの角度から聴いてくれる人に届けられるのが私達の強みなんじゃないかなって思っています。

あまゆし:「NANとカット!」の歌詞で「全員主役」って歌っているんですけど、ナト☆カンも究極人形も全員が主役になれるようにお互い刺激し合ってお客さんに色んな楽しみ方をしてもらいたいですね。

 

Q.グループとしての展望などあったりしますか?

こっちゃん:アイドルだけじゃなくてエンターテイナーとしてメンバーそれぞれが活躍出来たらいいなって思います。例えばダンスとか舞台とか。そうやってメンバー個々が活躍してグループに持ち帰ってきたらもっと強くなると思うので。

ななえる:私個人の今年の目標が幅を広げることなんですよ。個人が強くなったら、それが集まった時の強さも倍増するんじゃないかって。だからみんなそれぞれのいいところを伸ばせれたらなって、私は思っています。

みく:私は食べることを頑張ってます(笑)。

ななえる:それはマネージャーからNG出てるじゃん(笑)。

あまゆし:実は私は8月のナト☆カンワンマンの後の9月頃に卒業するんですけど、自分がやりたいことを我慢するのは違うと思って、これからはキャンリミの裏方としてデザインとか、そういう特異な分野で活動していこうと思っていて。そうやって自分を出すことで新しい関わり方も出来ると思っています。

 

Q.それは素晴らしいですね。そして今作はナト☆カンが「MAG!C MUS!C」、究極人形が「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」のエンディングテーマとなっています。

ななえる:凄いですよね!実感が全然ないんですけど(笑)。

りぼん:テレビで観ても自分達の曲じゃないみたい(笑)。

あまゆし:私は音楽番組のタイアップに選んでもらえたことが凄く嬉しい。

ななえる:音楽が好きな人に聴いてもらえるってことだもんね。嬉しいね。

吉田あかり:「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」は全国放送なので、全国で究極人形の曲がテレビから流れることにびっくりしてます。曲もかっこいいので色んな人の耳に入ってかっこいいなって思ってもらえたら嬉しいですね。

如月小葉紅:アイドルっていうイメージに囚われてしまって楽曲を聴いてもらえないこともあるんですけど、テレビから流れる私達の曲を聴いてかっこいいと思ってもらった人をアイドルだからってがっかりさせないように自分達自身も成長していきたいです。自分達で自分達の曲を潰したくないので。

天使ころ:私達はアイドルだけど、表現者としてかっこよくいたいんですよ。

 

Q.アイドルファン以外にも届けたいと。

吉田あかり:それはずっと思っていますね。

東端みあ:私は理不尽なこの世の中で心が潰れそうになっている人に届けたいです。そういう人を照らす小さい光になりたいんです。

吉田あかり:小さくていいの?

東端みあ:太陽みたいな強い光で照らすとプレッシャーで死んじゃうかもしれないから。だから私は単三電池くらいでいいから、そっと照らしてあげたいです。

吉田あかり:滅茶苦茶良いこと言うじゃん(笑)。

 

Q.さて、8月16日には究極人形が、そして8月23日にはナト☆カンが伏見LION THEATERでワンマンライブを行うとのことですが。

吉田あかり:ツーマンはナト☆カンと究極人形で光と影を表現出来たと思うんですけど、ワンマンでは究極人形の影を押し出しつつ、全部が影じゃないことも見せられたらなって思っています。究極人形なりの光もあるので、そこを感じてもらえたら嬉しいです。5人で最高のワンマンにします。

如月小葉紅:表面から光を放つんじゃなくて、内側から放つ光をワンマンで感じてもらいたいですね。

柏木なるみ:遊びに来てくれた人に好きになってもらえるワンマンにしたいです。

天使ころ:元気になってくれたり、何かを感じてくれたらなって思っています。

東端みあ:私はダイブしたいです。ダイブ出来るくらい人が沢山来てくれるように頑張りたいです。

吉田あかり:ナト☆カンが太陽みたいな楽しいライブをすると思うので究極人形は内側からジワッとくるようなライブをしたいですね。そうやってじっくり心を掴みたいです。

如月小葉紅:究極人形の中にも光を感じてもらえるようなワンマンにしたいですね。

りぼん:ナト☆カンは逆に、激しく湧くライブだけじゃなくて、後ろの方で聴いている人にも伝わるようなライブをしたいと思っています。

ななえる:最近、女性のファンも増えたんですけど、老若男女、幅広く愛してもらえるようなグループになりたいので、色んな人に向けて発信していきたいですね。ナト☆カンも、究極人形も、本当に周りの人に恵まれているし、愛されていると実感しています。これからも一緒にキャンリミを盛り上げていくので応援宜しくお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

究極人形
タイトル:光を探して。
CSRD-1018
1080円(税込)
NOW ON SALE


ナト☆カン
タイトル:NANとカット!
CSRD-1019
1080円(税込)
NOW ON SALE

究極人形
6周年単独公演
8/16(金)名古屋LION THEATER

ナト☆カン
8周年単独公演
8/23(金)名古屋LION THEATER