我儘ラキア


我儘ラキアの勢いが凄い。バンドのダイナミズムとアイドルの儚さを併せ持った彼女達のロックサウンドとリアルを投げかけてくる歌詞やMCが話題となり人気、実力ともに急上昇の我儘ラキアの星熊南巫、海羽凜、相谷麗菜にインタビューを決行。2018年には「我儘ラキア東名阪ツアー2018 桜が、咲く前に。」開催も決定。我儘ラキアのゼッタイカクメイは始まったばかりだ。

 

Q.みなさんがアイドルを目指したきっかけは?

相谷:私は幼稚園の頃からテレビの歌番組を見るのが好きでモーニング娘。さんに憧れていました。ああいう存在になりたいなって。
海羽:私もずっとアイドルに憧れていてオーディションを受けていたんですけど中々合格出来なくて。諦めようと思っていたんですけどアイドルをやっている友達に誘ってもらってラキアに入ることになりました。
星熊:私はラキアをやる前は椎名林檎さんが好きなのでバンドで東京事変とかをコピーしていたんですよ。だからアイドルとは無縁で。我儘ラキアに誘われて最初は絶対無理だと思ったんですけど実際にアイドルのライブを観に行ったら一生懸命でキラキラしていて「私もこういう世界に飛び込みたい」って思いました。

Q.バンドからアイドルに転向するのに抵抗はなかったですか?

星熊:ラキアをやるまでは正直アイドルに対する偏見はあったかもしれないです。でもアイドルって凄く儚いじゃないですか。その中でみんな一生懸命やっている姿を見て「だからみんなこんなに泣くんだ」って。バンドとはまた違う面白さを知ることが出来たんです。
相谷:実は私も軽音楽部でバンドをやっていたことがあるのでバンドも好きで。そういう意味でも我儘ラキアはバンドっぽいかっこよさもあるから面白いですね。かっこいいのも可愛いのもどっちもやりたいんですよ。それにラキアなら自分らしさも見つけられる気がして。

Q.みんなが目指す自分らしさ、ラキアらしさってどんなものですか?

相谷:自分の気持ちを自分の言葉で発信出来るようなアイドルになりたいですね。
星熊:アイドルって偶像じゃないですか。でも私はせっかくバンドっていう異文化な場所から入ってきたので、偶像ではなくリアルを伝えたいです。自分の思ったことをそのまま伝えられるようなアイドルでいたいなって思っています。

Q.確かに在り方はバンドっぽいのかもしれませんね。

海羽:アイドルの枠を超えたいんですよ。アイドルイベントだけじゃなく大きなフェスやロックのイベントにも呼んでもらえるようになりたくて。色んな音楽を好きな人に聴いてもらえるようなグループになりたいので。
星熊:やっぱりバンドの生っぽさが好きなんですよ。ライブって生じゃないですか。ラキアのライブは私達とお客さんで一緒に生の空間を作っていると思っているんですけど、そういうリアルなものを求めている部分は凄くありますね。

Q.そのリアルな部分はMCにも表れていますよね。あのMCはアイドルの枠を超えていると思いますよ。

星熊:あのMCが好きじゃないって人もいると思うんですよ。でも好きでも嫌いでもないより嫌われて死ぬほうが良いと思っていて。だから誰にも遠慮しないであのMCをしています。そういう自分にしか出来ないことをそれぞれがやれるグループでいたいですね。

Q.メンバーそれぞれの武器ってなんだと思いますか?

相谷:凜ちゃん(海羽)は見た目が可愛い!
星熊:なのに声がハスキーっていう。そのギャップが凄く良い。
相谷:でも本人は嫌みたいで。
海羽:アイドルって可愛い声の女の子のイメージだったから。でも私は違うなって。
相谷:そこが良いんだよ。あと熊ちゃん(星熊)はやっぱりラキアのMCとして思ったことを伝えてくれるとこが武器だと思いますね。そこが普通のアイドルさんとの違いだと思います。
星熊:れいにゃん(相谷)は清楚に見えるけど中身がパンクなんですよ。そのギャップが良いですね。美しさの中にある棘が本当にかっこよくて、知れば知るほど深いなって思います。
海羽:れいにゃんは笑顔で毒を吐くところがパンクだなって思います。南巫さんはラキアの軸なのでいなかったらラキアじゃないです。
星熊:みんなそれぞれが持っていないものを持っているので羨ましいときもあるけど、そこを補い合ってラキアになっていると思っています。

Q.ラキアの楽曲は歌詞も真っ直ぐですよね。

星熊:ライブで歌っていても真剣に歌えば歌うほど言葉が真っ直ぐ自分に跳ね返ってくるので苦しくなります(笑)。だけどそういう曲を歌うことで「まだまだ」って自分を奮い立たせていて。もっと真剣にやらないと歌に失礼だなって。
相谷:自分が色んな経験をすればするほど歌がリアルになると思っていて。表面上で歌っても何も伝わらないと思うんですよ。自分達のリアルがより歌をリアルなものにすると思っています。

Q.2018年はワンマンツアーも開催されますがラキアにとってライブはどんなものですか?

星熊:ラキアのライブを見て諦めていたことや昔の気持ちをみんなが思い出してくれるような、背中を押すライブをしたいと思っています。誰かの人生のきっかけになるライブをしたいです。
海羽:全力でいけば全力で返してくれるのでラキアのライブをお客さんと一緒に作り上げていきたいですね。

Q.3月10日には梅田クアトロでのワンマンもあります。

星熊:前回のクアトロではメンバーの脱退もあったりゲストのみなさんの力を借りないと出来なかったり悔しい思いをしたので今回は私達だけでソールドアウトさせたいです。
相谷:割と早いスパンでリベンジさせてもらえることになったので今回はラキアだけで凄い景色を見たいですね。
海羽:クアトロは今の私達にとっては大きいし怖い気持ちもあるけど、クアトロがラキアのファンだけで埋まる景色を見たいので頑張りたいです。勿論クアトロがゴールではないし、更に大きくなるためにも目の前のクアトロに全力で挑みたいと思っています。

我儘ラキア
星熊 南巫
海羽 凜
相谷 麗菜

LIVE
我儘ラキア東名阪ツアー2018 「桜が、咲く前に。」
2/18(日) 東京・Shibuya eggman
3/3(土) 愛知・大須RADHALL
3/10(土) 大阪・UMEDA CLUB QUATTRO

http://eplus.jp/wagamamarakia/

HP
http://wagamamarakia.com/