SolaSound

「エモ怖アイドル」として2016年3月より始動したSolaSound。可愛らしいビジュアルとは裏腹なエモーショナルで疾走感のあるバンドサウンドを武器にアイドルシーンを駆け抜ける彼女達。誰もが抱える不安や葛藤の先にある光や希望を感じさせるメッセージ性の強い歌詞を感情のまま歌う姿はとてつもなくかっこいい。nodoka、hibiki、manaといったバラバラの個性を持つ3人に話を訊く。

Q.SolaSoundは結成1年半くらいですよね。メンバーの最初の印象って覚えていますか?

nodoka:(manaが)めっちゃ可愛いって思いました。
mana:本当に?
nodoka:うん。ちょっと抜けてるけど凄く可愛いなって(笑)。
hibiki:私も思った。ルーズなところもあるけど可愛いんですよ。
mana:あははは。
nodoka:hibikiちゃんはしっかりしてる印象がある。
hibiki:最初はずっと怖がってたけど(笑)。
nodoka:そう?しっかりしてるしリーダーっぽいなって思ってたよ。

Q.SolaSoundが掲げる「エモ怖アイドル」というのは?

nodoka:色んなタイプのアイドルがいる中で私達の特徴はエモい感じというか、そこまで激し過ぎず、ライブでお客さんもめちゃくちゃ暴れる訳でもなく、歌詞の意味やメッセージを感情に訴えるような曲をしっかり届けるように歌っていて。それが「エモ怖」なんです。
mana:哀愁のある切ない歌詞なのでそこに感情を込めて歌うと凄くエモいんですよ。
nodoka:怖く感じることもあるよね。

Q.なるほど。エモ過ぎて怖いんですね。

nodoka:そうです。あと歌詞の世界観として哀しい描写もあるんですけど、その中で希望の光が見えるようなことも歌っていて。そこが自分達としてもよりエモい部分だなって思います。
hibiki:エモいよね。

Q.みなさんがアイドルを目指したきっかけは?今のサウンドのよなエモーショナルなものではなかったのではないですか?

hibiki:全然違いますね。私が最初に影響を受けたのはAKB48のようなグループだったので。でも気付いたら真逆なことをやっていました(笑)。でもSolaSoundは本当に楽しいです。曲もかっこいいし自分でも大好きなので。
mana:私はアイドルというよりバンドが好きだったんです。実際バンド活動もしていたんですよ。その頃はL’Arc-en-Cielが好きで、そういう感じのバンドでギターとヴォーカルをしていました。そんな時に声をかけてもらってアイドルをすることになったんです。
nodoka:私は特に影響を受けた音楽はないんですけど、ずっと歌手になりたかったし、歌える場所が欲しくて。最初はソロで歌手になりたかったんですけどSolaSoundをやってみてグループで歌う楽しさや、これまで聴いたことのないような音楽をやる楽しさを見出すことが出来ました。SolaSoundをやれていることは凄く大きいですね。

Q.SolaSoundの目標は?

nodoka:今はとにかく目の前のことに必死なのでひとつひとつのライブを大事にしていきたいです。そうやって一歩一歩進んでいきながら大きくなっていきたいですね。その為にも常に全力で自分達をぶつけていきたいと思っています。
hibiki:最初の頃はメンバー3人に対してお客さんが2人の頃もあって。でも活動を続けてきた中で最近は大きい会場でのライブやフェスに出させてもらうことも増えているので、そうやって一歩ずつファンのみなさんと一緒に成長していけたら嬉しいです。
mana:大前提として楽しくやりたいですね。楽しくなきゃやる意味ないので。これからもSolaSoundをよろしくお願いします!

SolaSound
nodoka
hibiki
mana

http://sola-sound.com/